便秘

便秘

便秘とは

便秘を知らない人はいないでしょうが、正確にはどのような状態を便秘と言
うのでしょうか。
一般的な定義では「排便が順調に行われない状態」のことを言います。つま
り、快便ではない人はすべて便秘と言えるのです。
それではあまりにも範囲が広すぎますから、その人は排便習慣に比べて排便
が異常に遅延した状態と位置付けるのがもっともよいでしょう。
排便の回数が少ない、便の量が少ない、水分が少ない固い便、残便感、腹部
の張った感じなどを総合的に判断して便秘と言うのです。言い換えれば自然
な排便ではないと言うことです。そこで自然な排便の意味が重要となります。
もちろん、排便の習慣は個人差が大きいですから、どの状態が正常かと言う
ことは一概には言えません。3 日に一度の排便であっても、規則正しく排便
されて、すっきりとするのであれば便秘ではありません。
また、毎日排便があっても、すっきりしないのであれば便秘なのです。イメ
ージとしては毎日排便しないと便秘のような気がしますが、そうではないの
です。
年齢と便秘の関係は密接にあります。また、男性と女性の差も大きくなって

います。若い男性では便秘となる人はほとんどいませんが、若い女性には便
秘の人がたくさんいるのです。
それから、年齢が上がるにしたがって、便秘の人が多くなります。全年齢に
わたって、女性の方が男性よりも便秘になる人が多いようです。それは、体
の構造に関係していると考えられます。
便秘になると言うことは胃腸の働きが十分ではないと言うことですから、何
とか解消したいものですね。
便秘

便秘の悩み

便秘は苦しいものです。多くの人が悩んでいます。排便は動物の機能の一つ
です。それがスムーズでないと言うことは、健康ではないと考えていいので
す。
単なる悩みと言うことではなく、できるだけ早く解決すべき問題なのです。
あなたは便秘になっていますか。
今はそうではなくても、便秘になったことがあるはずです。体調が悪かった
り、食事のバランスがよくなかったり、運動不足だったりすると便秘になり
ます。
便秘そのものは心配することはありませんが、その原因を解消することが大
切です。私たちの体は調子が悪いときに、自覚できるようになっているので
す。便秘は病気ではありません。そのこと自体を悩む必要はないのです。
女性はダイエットなどをすることが多いようですが、それは便秘の原因にも
なります。便秘になることで、さらに腸の働きが悪くなるのです。
長期間便秘の場合はおなかが張ったり、ひどい時には吐き気や発熱を伴った
りすることもあるのです。健康に注意しておけば便秘になることはほとんど
ないでしょう。

便秘のための特別なことをするのではなく、体を健康に保つことです。どの
ようなことをすれば健康に良いかは、常識レベルのことで構いません。
便秘を安易に解消しようとして、便秘薬を服用することはあまりいいことで
はありません。その時はいいかもしれませんが、また同じことになるのです。
便秘の原因を明確にして、それに対応するようにしなければなりません。
便秘

現代人の便秘

現代人は便秘に悩んでいる人が多いのでしょうか。
インターネットで調べてみると、たくさんの情報があります。多くの人が便
秘になっているようです。しかし、その解消方法もたくさん掲載されていま
す。
健康に良い生活をしていれば、便秘になることはありません。サプリメント
や便秘薬を服用するのではなく、食生活などの改善が大事です。
現代人が便秘になりやすいのは食生活が変わってきたからでしょう。
決まった時間に食事を摂ることは排便のリズムを作るために重要なことで
す。その中でも朝起きてからの朝食は一番重要です。
朝食を摂ることによって、腸が働き始めます。朝のうちに排便をするのは体
の働きから考えて一番自然なのです。朝食を抜いてしまうと、その排便があ
りませんから便秘になりやすくなってしまいます。
食事の内容も重要ですね。食物繊維を摂ることは誰でも知っているでしょう
が、現実的には不足している人が多いのです。たくさん食べるのに運動不足
ですから、腸が動きにくい状態を作ってしまっているのです。
女性の場合は便意を感じても、状況によって我慢してしまうことがあります。

それが一番悪いようですね。便意を抑えてしまうと、腸の働きがだんだんと
鈍ってくるのです。
腸が排便を促すためのシグナルを出しているのですから、自然の摂理に逆行
するのは健康に悪いことなのです。便意は腸の蠕動運動によって引き起こさ
れます。腸内の便を直腸の方へと押し出す運動です。薬を使わずに自然な排
便ができるように心がけなければなりません。
便秘

便秘の原因

人は食事と排便によって体の健康を維持しています。しかし、いつも調子が
良いと言うわけではありません。排便の調子が悪いことを便秘と言っていま
す。
単に便が詰まっている状態だけではなく、スムーズではない状態も便秘と考
えなければなりません。便秘の原因はどのようなことがあるでしょうか。
まずは食生活に問題がある場合があります。便が出やすい食事とそうではな
い食事があります。あなたが便秘になりやすいと思うのであれば、まずは食
生活を見直してみることをお勧めします。
どのような食事が便秘に良いのでしょうか。あなたは毎日どのような食事を
摂っていますか。
それから運動不足は便秘の原因になりやすいようです。定期的な運動は快便
のために欠かせないものです。排便とは腸が動くことによって、自然に生じ
てくるものです。
運動によって外から腸を刺激してやることで便秘を解消することができる
のです。
それから、精神的なストレスによっても便秘になると言われています。スト

レスが直接の原因と言うことではなくて、体調を壊してしまうことによる2
次的な症状と考えられます。
それから腸の病気の場合も便秘になります。重症なものであれば大腸がんや
大腸ポリープなどが考えられます。また、腸閉塞や腸ねん転の場合は激しい
腹痛を伴った便秘です。
どのような原因であれ、便秘は何らかの健康上の問題があると考えてくださ
い。そのままにしておくのではなく、改善することが重要です。便秘が続く
と体全体の調子が悪くなってしまうのです。
便秘

ひどい二日酔いの吐き気や下痢を解消する方法とは?原因や対策に防止するには?食事はどうすればいいの?風呂は大丈夫?医師がやっている対策とは?間違いだらけの「二日酔い」解消法。いよいよ忘年会シーズン到来!お世話になった人たちと楽しく夜更けまで無礼講。しかし、つきまとうのが『二日酔い』。楽しくお酒はたくさん飲みたいもの。「なんとか二日酔いを回避する方法はないものか…」「年末は毎晩夫がグデングデンになって帰宅して迷惑!」そんな悩めるビジネスマンや主婦に贈る、「二日酔い対策 最新事情」をお届けしよう。■そもそも「酔う」とは?アルコールをたくさん摂取して、胃と腸から吸収され血中アルコール濃度が上がると、脳がぼんやりと麻痺状態に陥ったり、いつもなら働いていた抑制機能のタガが外れ、浮かれたり、怒ったり、泣き出したりと感情的になってしまう。ついつい飲みすぎてしまうことも多いお酒だが、お酒を飲んで脳の中で最初に酔うのが「理性を統括する」前頭葉。前頭葉が酔ってしまったら、「今日は少しにしておこう」「食べながら飲もう」「カロリーの低いつまみをオーダーしよう」といった自制心が薄れてしまうのだ。何より適量、だが、いざというときの対処策をせめても講じて、少しでも楽に過ごしたいもの。